オンライン格安英会話
進学心からのお知らせ

大学入試の移り変わりと新テストの実施に向けたスケジュール

 

大学入試の移り変わり
~1978年
大学が個別に試験を実施。受験競争が激化し、難問・奇問の出題が続出
 
1979年
国公立大の入試に共通1次試験(5教科7科目)を導入
 
1990年
共通1次試験に代わり、各大学が利用科目などを選べる
大学入試センター試験がスタート。慶応大がAO入試を実施
【AO入試】高校の調査書、面接、論文などで意欲も含めて合否を決める入試
慶大の導入以降、全国の大学に広かった
 
2004年
学力低下への懸念から、国立大の大半がセンター試験で
5教科7科目を課す
 
2006年
センター試験に英語のリスニングテストを導入
 
2013年10月
教育再生実行会議が、「年複数回実施」などを掲げて、
センター試験に代わる新テスト導入を提言
 
2014年12月
中央教育審議会がセンター試験の廃止と新テスト
「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の新設などを答申
 
2016年3月
文部科学省の有識者会議が、2020年度からの
新テスト導入を盛り込んだ最終報告をまとめる
 
現行の大学入試センター試験と新テストの違い
 
英語は「話す」書く」聞く」「読む」の4技能を重視。「話す」力を測るため、
ICレコーダーなどに解答を吹き込む方式の導入も検討する。
 次の学習指導要領で学んだ高校生が受験する24年度以降は、
動画を使った設問などを想定したコンピューターによる選択式の出題・解答を導入。
200~300字程度の記述式問題も採り入れる。
 
新テストの実施に向けたスケジュール
2016年度 実施内容の策定に向けた検討
2017年度 実施内容の策定・公表
2018年度 プレテストの実施
2019年度 「実施大綱」の策定・公表
2020年度 新テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の実施
2021年度 新学習指導要領に対応した「実施大綱」の予告
2023年度 新学習指導要領に対応した「実施大綱」の策定・公表
2024年度 新学習指導要領に対応したテストの実施
 
現行の大学入試センター試験と新テストの違い
 
名称⇒大学入学希望者学力評価テスト(仮称)
 
新中2~新小5⇒(2020年から)
マークシート式+短文記述式(国語、数学)
新小4⇒(2024年から)
コンピューターを使った選択式の出題・解答+長文記述式
 
実施時期⇒「マークシート式などの選択式」と「記述式」を同じ日に
実施するか別の日に実施するか検討
 
成績⇒【マークシート式などの選択式】
1点刻みの点数のほか問いごとの解答状況なども大学に提供
【記述式】大まかなランクごとの段階別評価
*年複数回実施については引き続き検討

 



マンツーマンで行う格安オンライン英会話
お友達紹介キャンペーン実施中
英語で話そう
お問い合わせ
表現が大事
安心の講師陣

厳しい選考基準で合格した講師を確保

厳しい選考基準で合格した講師を確保

ENC/GNAと提携し、高品質なオンライン英会話のレッスン提供に努めています。

お客様の声

大阪府 I.Hさん
定年退職し、知的な趣味を見つけたいと思い、パソコンと英語を学び始めました。
スカイプ英会話と検索がキッカケで、進学心の無料体験を受けてこれならやれると安心と、 なにか信頼感を持ちました。
進学心(しんがくしん)の英会話は、私のレベルにあわせて、先生がとにかく熱心に対応してくれます。
しどろもどろの英語を、気長に聞いてくださる先生方の辛抱強さにいつも感心しています。
時間が十分にあるので、3レッスン連続で受けることもあります。
今では簡単な日常会話ならストレスなくできるようになりました。

はじめての方へ
無料体験「いつか」を「今」スタートするチャンス
スカイプのダウンロード