オンライン格安英会話
進学心ブログ

成績を上げるコツ

①7月14日に放映されたあすなろラボで、またまた「林 修 先生」が、保護者の方に、子供の教育について講演されていました。
頭をよくすることで、一番大切なのが「躾」でその中で「姿勢」と言い切っていました。
「進学心」も開塾10年になりますが、開塾以来ずっと、正しい姿勢と鉛筆の正しい持ち方で、丁寧な字を書く訓練をしてきました。
すなわち、
人差し指が楽に器用に動くように正しく鉛筆を持ち、視覚も使って額に浮かべながら、丁寧に書く訓練が、前頭葉を発達させると信じ生徒に、背中をポンと軽くたたきながら授業を進めてきました。

姿勢小.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②高学歴芸人の宇治原さんがパテナの神様で、京都大学に入学した学生のかなりの方が、姿勢が良くなり指先が器用になる習い事をしていると言っていました。
 進学心という塾を運営していますが、確かに、優秀なお子様は姿勢がいいです。当塾でも、スピード、姿勢、ガマンを基本に「躾」に力を入れています。特に、鉛筆の正しい持ち方と、机に正面向かって座ると、疲れも少なく、集中力が増すようです。結果、そのような生徒は、やはり優秀かたちで巣立っています。
 
③【中居正広のミになる図書館】が人気です。
美文字ブームの仕掛け番組ですが、文字 だけでなく容姿も美しい中塚翠涛先生が担当です。
デジタル化が進み、姿勢良く丁寧な字を書くことが疎かになることの反省・反動だと思います。
このブームに乗っかり、生徒に字を書くことの大切さを広めることもいいことです。
脳の活性化・成績アップにも役立ちます。

美文字1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中塚先生1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪市天王寺区の学習塾・個別指導の【進学心教育システム】は「脳を鍛える教育と 社会性が身につく指導」がモットーの学習塾です。



集中力は、心の持ち方で変わります。

脳は、複数の事を同時にやる「マルチタスク」に対して
不得意なところがあります。
 
人の脳は、何かに注意を向けると、別の事に注意を
向ける事はできなくなる傾向があります。
 
目の前の事に対応している時に、別の事にも注意を
向ける事を繰り返していると、効率が悪くなり、さらに
脳を疲れさせる原因にもなります。
だから、意識的に、他のことには目もくれず、一つの事に
集中する必要があるのです。
 
一度にあれこれ同時にやろうとして、結局、重要な事が
できる事はないと言えます。
近年、手に入る情報が増えた分だけ、気も散りやすく、
その処理含め非常に忙しくなっています。
 
一度にあれやこれやと手を付けてしまうと、
脳は疲れるばかりで本領を発揮できません。
 
目の前の事に集中し、目の前のたった一つの事を
終わらせてから次にいこう。という姿勢が大切で、
時間の使い方の差が成績に反映するのです。
 



成長していく過程で、間違ったこと、変なことを言うと
叱られる、笑われると想い、言葉を選びコントロール
する様になります。
ただ、英語学習においては、いい結果に結びつきません。
間違った英語を話すことに、恐怖を抱いています。
日本人は、外国人に対して、臆してしまいます。

早期にその状況から抜け出し、精神的に強く、また開放
されないと、どれだけ英語を学んでも、話せるようには
なりません。
恐れることなく、外国人・ヒトと話せるコミュニケーション
能力を身につける必要があります。
子供が、とりあえずは通じればイイと思って話している
状況が大切なんです。
(しかし、周りの大人が、注意したり、叱ることで、だんだん
委縮していくのです。>英語ではこれがイケナイ)

そのうち上手くなると軽い気持ちが大切なのです。

英語の早期教育には、いろいろ意見があります。
しかし、コミュニケーション能力をつけるためには、外国人と
ライブでの学習は、習慣として取り入れることは有効です。

グローバル化の時代に英語は必須です。
小学4年生ぐらいから始めることも間違いではありません。
英語を身につけることで、将来の選択は大きく広がると
思います。

だから、進学心のオンライン英会話のキッズコースを試して
みませんか。格安で効果があると思います。

英語訳にも効果あります。

 

 



オンライン英会話は、英検の補助学習に最適です。

毎日、25分ライブでインターネット英会話をすることで

英語脳が出来上がります。

英語は、インプットでなく、会話を通しての活用が大切です。

英語を英語で学ぶことが大切です。

 

英語訳も、文頭から訳していくことが出来ます。



時間に支配されない人生の題名の書籍が出版されました。
内容が一部公開されているようですので紹介します。


あなたは、命を削るに値することにだけ、時間を使っているか?
時間に支配されない人生
忙しく生きてはならない

序章・時間を支配する。
 すべてに時間を均等に配分することは人生に対するボウトクである。
・時間を使う事はいのちを削ること
・「忙しい」のは自分の器が小さい証拠
・仕事に締切順に着手してはいけない
第1章・渇く 成長したいと渇望する。
 自分の未熟さに向き合う。それが生きる力になる。
・渇望からすべての成長は始まる
・自分の未熟さに気づくことは喜びである
・幸福とは明日ではなく今日求めるもの
第2章・聞く 語りすぎてはいけない。
 自分の言葉の稀少性を高めよ。
・会話の8割りは聞くことに徹する
・自分が発する言葉の希少性を高める
・正しさを振りかざしても伝わらない
第3章・読む 読んだことを成長にどう活かすか。
 行動を伴わない知は空虚である。
・1時間読んだら3時間考える
・すぐ役立つ本はすぐ力を失う
・行動を伴わない知は空虚
第4章・選ぶ 何を選ぶかに正解はない。
 正解は、その後の行動により自ら構築するのである。
・前例があることはやらない
・何を選んだかで勝負が決まるものではない
・昨日の自分にこだわる一貫性は無意味
第5章・掌る(つかさどる)他者の自由意思を認めよ。
 それにより怒りは消え、自分が穏やかでいられる。
・自己統制できる人だけが他者を動かせる
・上司に警戒される新入社員たれ
・内面に怒りを察知したら3秒数える
第6章・創る
 創造的な人間でありたいなら社会への違和感をないがしろにしてはいけない
・創造は異端から生まれる
・発想は出せば出すほど新たに生まれる
・天才は孤独の時間から学ぶ
第7章・進む
 現状に満足しないことは、自分の可能性に対する最大のリスペクトである
・居心地のよさに安住してはいけない
・自分の可能性を軽んじてはならない
・逆境こそが人を成長させる
 



PM10時~AM2時が成長ホルモンが活発に分泌される「ブリリアントタイム」です。
この時間は成長ホルモンが1日の中で最も分泌され、肌の再生や身体の
コンディションを整え、身体の回復が早くなります。
結果、このゴールデンタイム中に (お肌のゴールデンタイム・シンデレラタイムとも
いわれる)睡眠をとることによって仕事・勉強の疲れを、回復してくれます。
また、眠り始めて最初の3時間を途切れなくぐっすり眠ることで、
睡眠の質を高めることができ、翌朝すっきりと目覚める事ができます。
当然、成長中のお子様にもあてはまるのは当然です。



心の耐震・免震化

早朝、地震がありました。
自然に対しての予知は今だヒトの力で克服は出来ていません。
地震でいえば、耐震・免震化で対応が現状です。

心の揺れもなかなかコントロールできません。

20%のものが80%を占有しているパレートの法則にあてはめて
いるかもしれませんが、人生の喜びは20%喜べないコトが80%
と言えるのではないのでしょうか。
ただ、ココロの消化の仕方として、喜びの20%を80%にふくらまし
喜べないコトが80%を20%に小さくしたり、切り落とすといいでしょう。

人生の山あり谷ありをバイオリズム・株価チャートのように捉えたりして
自分の心を客観的にみる訓練をするならば、心はより安定するでしょう。



座り方を変えれば、痛みや不調が消えるという本が

販売されていますが、机に座る姿勢はお子様にとっても

大切なことです。

「正しく座りなさい。」と、たったひとつの言葉で、一生の

健康が大きく変わります。

座り方を変えれば消える.jpg座り方.jpg



心と体を整える

毎週テスト、それにより、クラス・席順を変える・・・・
こんなことをして、子供の精神状態を平常に保つことができるでしょうか?
大人でも、点数のみで評価を毎週されれば情緒不安定になるでしょう。

小・中学校に通う生徒にとって、心と体を整える大切な時期と言えます。
それを、点数主義の学習になにがなんでもと参加させる必要があるで
しょうか。
数パーセントの子供には、このようなことに向いている場合がありますが、
ほとんどがNO(ノ―)でしょう。
保護者は、冷静に、情緒を安定させることを、一番に考えた、学習法を
選択しなければいけません。
子育て力を身につける必要があります。

一般に ありがちな進学塾での、点数主義、競争心で生徒の心を 煽り
たて 効果をあげる手法も、すべてにおいて 間違いとは 言いません。
 しかし、一方的に教える 試験のための勉強は、その場限りに なりがち
で、記憶が浅く、終われば ほとんど忘れるため、高校 大学で 応用力を
必要とする 学習において、活かせない 無駄が あります。



体幹強化で背筋シャキ

姿勢が悪く、体が不安定だと集中力の低下につながり、
学力の吸収にも影響します。
進学心の教室では、正しい姿勢を身につけさせるよう、
意識し指導しています。
正しいイスの座り方をすることで、学習しながら体幹を
鍛えるようにし、集中力と学力アップに活かしています。
知識の習得以上に、将来を見据え、背筋をシャキとさせることが、
遠回りのようで、一番の近道です。

子供が背筋を伸ばして座っていられない。
姿勢が悪いと、肩こり、視力低下の原因になります。
いすに座っている時、背もたれに寄りかかったり、ほおづえついたりして、
背骨が曲がっている子供が増えています。
習い事やゲームで、室内で過ごす時間が長く、
筋力が落ちたことも一因です。
それは、体幹(胴体部分)を意識したトレーニングで改善できます。
また、肩甲骨をグルグル回すなど僧帽筋を柔らかくする運動も効果が
あり必要です。

食事や勉強のとき、背中がぐにゃっと曲がって、体が傾いています。
姿勢を意識し、腹や腰回りの体幹の筋肉を鍛えることで体の軸が安定します。
力強くぶれない動作ができるようになり、スポーツの上達にも役立ちます。

肩甲骨ぐるぐる回す.jpg



マンツーマンで行う格安オンライン英会話
はじめての方へ
What'sNew
お知らせ
RSS お知らせの一覧
カテゴリ
英語で話そう
お問い合わせ
表現が大事
安心の講師陣

厳しい選考基準で合格した講師を確保

厳しい選考基準で合格した講師を確保

ENC/GNAと提携し、高品質なオンライン英会話のレッスン提供に努めています。

お客様の声

大阪府 I.Hさん
定年退職し、知的な趣味を見つけたいと思い、パソコンと英語を学び始めました。
スカイプ英会話と検索がキッカケで、進学心の無料体験を受けてこれならやれると安心と、 なにか信頼感を持ちました。
進学心(しんがくしん)の英会話は、私のレベルにあわせて、先生がとにかく熱心に対応してくれます。
しどろもどろの英語を、気長に聞いてくださる先生方の辛抱強さにいつも感心しています。
時間が十分にあるので、3レッスン連続で受けることもあります。
今では簡単な日常会話ならストレスなくできるようになりました。

無料体験「いつか」を「今」スタートするチャンス
スカイプのダウンロード