オンライン格安英会話
進学心ブログ

 

詰め込み教育が批判されてきました。
理解しないでのまる覚えは意味がないしダメだと。
理屈がわかり関連付けて理解し覚えることが大切と。
脳の基本的な働き方は、分類してそれを組み合わせることで
記憶の定着をさせることです。
幼年期は、単純記憶しか出来ないこともあり、単純記憶が得意です。
得意というよりそういう記憶のしかたしかできないからだです。
分類がまだできないのです。
成長するにしたがって、脳の働き方が、分類し組み合わせして
記憶していくように変化していきます。
単純記憶がやりにくくなるように変化していくのです。
大人が、丸暗記が苦手なのも、脳科学上自然なことです。
しかし、英語を学ぶ場合、出来るだけ、子供のように単純記憶を
ある程度、復活させる必要があります。
目的意識と時間をかけて。
ただし、子供は目的意識が大人ほど持てず我慢強くないので、
大人にも単純記憶で子供に勝つチャンスがあります。
12歳のうちの子供は目的意識もないし、我慢強くない・・・。
それは学習習慣の改善で対応するしかないと思います。
習字のつもりで机に正しく座る習慣と、鉛筆を離すことなく同じ筆圧で
丁寧にそして速く書く訓練をしてください。
それを、英単語の筆記訓練に取り入れればいいと思います。
英単語暗記ができ一石二鳥になるかもしれません。
英単語の綴りは、何度も書くことで手の運動として覚えましょう。
前回紹介した様に、
アルファベットを 速く丁寧に書く訓練を最初にすることです。
そして、指先と脳とを、太く繋げることです。
この学習を十分にすることで、将来の英語学習が爆発的に伸びます。
10ヶ月で、中学3年間の学習が可能です。  (前述)
 
中学3年で習う英語でも、ネイティブでは小学1年以下のレベルです。
したがって、中1英語は、就学前レベルです。
そのため、このあたりの学習は、理屈ではなく、赤ちゃんのように
頭を柔らかく、『理屈』なしで覚える習慣を身に付けることが大切です。
中学1年生(小学6年生)が、赤ちゃんに戻って、読み書きの練習を
する機会を得たと思ってください。
『理屈』なしで覚えることに対しての解釈ですが、丸暗記しなければ
いけないと、ストレスを過度に受け止めるのではなく、何回も発声し、
書くことが必要です。

 



単純記憶を鍛える

 

詰め込み教育は、理解しないままでのまる覚えが問題だと批判
されました。それがゆとり教育導入のきっかけの一つになりました。
詰め込みと単純記憶とは多少意味が違うと考えます。
詰め込みの意味は、基本を理解するために覚えなければならない
重要語句を努力して覚えると捉えれば何の問題もないのですが。
単純記憶・詰め込みはT.P.O.(時time  場所place  場合occasion)
で使い分けする必要があります。全否定は学習能力を低下させます。
単純記憶(無意識の繰り返しの要素が強い)・詰め込み(意識して繰り
返して暗記)の必要性を強調したいと思います。
もちろん、関連付けて理解して覚えることは大切です。
日本語を基本に理屈で英語を理解し過ぎると、英文を読むときや
聞くときに、その日本語が英語の理解の邪魔をするのです。
たとえば、理屈付けの暗記術の定番は語呂合わせです。
年号を覚えるのは、日本語での学習のため、全く問題がないですが
英単語を語呂合せで覚えた場合、ゆっくりとした英文読解などでは
支障は感じませんが、リスニング、速読においては、頭に日本語が
ちらつき、大切な画像イメージが浮かぶことの邪魔をします。
数語なら洒落のつもりでいいのですが、数千語を語呂合わせで覚える
ことはお勧めできません。
(参考)  abandon   ア 晩だと  勉強 やめる 等の記憶法ことです。
 
理屈で覚えすぎるのは危険です。イメージでの関連付けはOKですが。
出来るだけ単純に赤ちゃんになりきって繰り返し覚えましょう。
Let’s go there.で自然と体が動きますね。
短文でもあり、また、脳に焼き付いているからです。
極論ですが、もし、理屈が優先していば goは 文頭なので命令文
Let’sは ~しましょう  thereは 副詞で go to there にはならない。
だから、そこに行きましょう。と訳すんだ。
など頭に思いついたら、非常にやっかいだと思いませんか。

 



 

ローマ字は日本語で英語でないことを知ってください。
意味不明の表現だと思われるでしょう。しかし、これを明確にしないと
迷いがでます。
私の教室では、最初にローマ字練習⇒次に、アルファベットの学習
⇒外来語を英単語で書く練習にかなりの時間をかけて実施します。
 
アルファベットを 速く丁寧に書く訓練を最初にすることです。
指先と脳とを、太く繋げることを目的としています。
この学習を十分にすることで、将来の英語学習が爆発的に伸びます。
平均で10ヶ月で、中学3年間の学習が可能です。
書く訓練を通して、英語を学ぶ謙虚さも身に付くようです。前述の様に
日本人が国語の学習をするのも、字を書く訓練から始めるでしょう。
でも、中学受験経験者は、このことが、あまりにもレベルの低い作業と
思いこみ、嫌がり、手を抜く傾向があります。
結局、このスタートのつまずきが英語嫌いになり、2年間経っても、
中学英語がマスターできないことで後悔しているようです。

 

≪お知らせ≫
スカイプを使ってのオンライン英会話 1レッスン113円~
自宅で好きな時間に(朝9時~25時まで)学習できます。
             進学心 スカイプ を使った オンライン英会話 

 



 

中学受験で、理科・社会含め、短期間で大量に暗記をした反動なのか
同じことを継続して覚えることが苦手、単純記憶アレルギーの生徒が
中学受験塾経験者に多く見受けられます。
 
試験、試験の連続で点数と順位を気にした生活を送ってきたため
そのことに、敏感になりすぎて、以後の学習の障害になる場合が
多々あります。
『鈍感力』という言葉をよく聞きます。
『鈍感力』とはたいていのことではへこたれることなく、たくましく現代を
生き抜く強い力のことです。
 
敏感で 集中力がある人は天才肌で数少ないと思います。
今、一番多いのは敏感で 集中力がない生徒です。
あれやこれやと比較することがメインで、周りが気になりすぎて集中力を
無くしているのです。
中学受験で身に付けた『敏感』を『鈍感』に進化させる必要があります。
そうすれば、下記の場合でのランクアップにつながります。
 
敏感で 集中力がある
鈍感で 集中力がある
敏感で 集中力がない
鈍感で 集中力がない
鈍感で 集中力がある生徒は、教える側も楽で、優秀な生徒になる
可能性が一番高いと考えます。
 
英語学習について
英語を13歳になって、初めて本格的に取り組むことになるのですが
内容は、米国での小学校就学前の内容から始まることを忘れては
いけません。日本においても日本語の学習として『国語』があるわけ
ですが、特に、低学年では読み書きの練習を中心に行います。
読解力を付ける練習は、読み書きが安定してから、プラスされます。
日本語の会話の練習はないですね。(発表訓練はありますが)
英語も最初は同じと考えて、読み書きの練習から始めましょう。
当然、他国語ですので『会話』のページもありますが、『会話』は
別のものと考えてください。(コミュニケーション力がメインになる
からです。)『英会話』はしなくていいと言っていません。
今ある力(単語・会話力)で、話す訓練はむしろ必要です。
『学校での英語学習』と、英語を話すための『英会話』は別のものと
考えてください。『オンライン英会話』を勧めている私が言っている
のですから。
繰り返し言いますと、英語学習と英会話は別のものです。

 



 

一番(上位)になるためにあれもこれもやるのでなく1番になるまでは、
一つを信じて繰り返し同じものを定着するまで根気よくやることが必要
です。
学校で与えられたものを完全にマスターが前提です。
初めて本格的に取り組む英語と進路を分ける可能性の高い数学に
ついては中高一貫校では6年間の学習戦略が必要です。
時間のある限り、能力開発のため、それにあわせた先取り学習を
受け入れることが出来る力を身につけることです。
先取り学習において進む先が先であるほど能力があると判断できます。
大部分の受験生は、中学受験塾で中2以上の学習内容を学んでいる
はずです。
しかし、入学後、その力を無くしてしまうのは、中2レベルを算数で学び、
体系的・数学的に理解していないためです。
試験で得点をあげるため色々な問題を手当たり次第にあまり深く考えず
答えさえあえばいいという感じで、時間を費やし、結果、基礎を疎かに
する生徒が多く見受けられます。
本質を理解しないで、あれもこれも手を出し、その結果、あせりと不安感の
負のサイクルを何回も繰り返しています。
情報過多での『無駄な迷い』を作る一例と考えます。
次回は、『英語学習について』の予定です。

 



 

みごと、中学受験を勝ち取った方が、迷い、後悔する事例を
数多く見ていますので、アドバイスさせていただきます。
 
巷の中学受験塾は、ギリギリでもいいから、限界の志望校に
入学させることが目的になります。
実際は、大学受験まで6年間もあり、入学校でのポジションを
上げることが一番大切なのに、ギリギリ合格で最初から、能力の
違い、下位に甘んじ、6年間を無駄にする事例が多々あります。
むしろ、入学校で、20%以内に入る力が必要で、その努力を
しないと、私学に入れたことが後悔のもとになります。
 
早い時期に、受験で合格するための得点の効率的な稼ぎ方を
限界まで知ってしまったため、自分自身が壊れないように、
予防のリミッターを早めに、低めに設定する生徒が多い訳です。
したがって、社会経験が少ない、視野の狭い中で、好き嫌いを
はっきりさせる傾向があります。
できない。めんどくさい。合わない。つまんない。嫌い。
を、最初の感覚(教科比較、教師比較 等)で、思慮なく決めて
選択幅を極端に狭めています。
否定的な用語が、反抗期とは関係なく口癖として身についています。
 
中学受験塾では、受験1年半前からは復習中心になりるため、類似問題に
対して色々な数多くの先生とテキストを知りすぎて、少しずつかじる癖が
つき、また、それぞれ教え方が微妙に違う点うことで、本筋の理解より
ビミョーな違いのほうに気が回りすぎ、解き方に一貫性をなくしている
生徒を多く見かけます。
 
高校受験がない分、今からは、どっしりと、時間に追われてではなく
どんどん学習を、先取りして学ぶ姿勢を構築する必要があります。
特に、英語・数学で能力開発。国・社・理で常識を身につけること
が大切です。
私立中学では、英数はクラスで上位に、国・社・理は平均以上と
割り切ってもいいです。
理由は、国理社は単元ごと、何回も習い直すからです。
当然、授業は真剣に参加し聞くことです。
そして、学校での学習時間の多い英数を先取りしストレスなく
深く学べる環境作りが、私立中学入学後の成功法です。
再度、リミッター(自分へのシバリ)をはずし、できない。めんどくさい。
合わない。つまんない。嫌い。の呪縛を解き放ち、堂々と正攻法で
精神的な落ち着きを手に入れる必要があります。

 



 

あの時ああすればよかった。
I should have done so then.
あのように、このようにすれば良かった。
後悔、先に立たず。(Repentance comes too late.)
 
後悔をしない人は一人もいないと思います。
でも、処理仕方の上手い方はいます。
失敗から学ぶ(Learn from our mistakes)人⇒挑戦、努力家タイプ
頭の中から流すように意図的になくす人⇒禅寺のお坊さんタイプ
ストレス解消のアクションをおこす人⇒スポーツ系レスラー?タイプ
無かったものと諦める(abandon)人⇒武士は食わねど高楊枝タイプ
器用に(cleverly)使い分けれる七変化できる方が羨ましい(jealousy)。
 
後悔は過去に対して、迷いは先への不安
後悔が多い、処理できていない人は、迷いを助長しています。
迷いは自分にとっては大切で成長させる薬と考えると世界が変わります。
但し、周りに不安を与えることは控えめに。
鈍感(Insensitivity)なぐらい迷わない。
あの時ああすればよかった
I should have done so then.
あのように、このようにすれば良かった。
後悔、先に立たず。(Repentance comes too late.)
 
後悔をしない人は一人もいないと思います。
でも、処理仕方の上手い方はいます。
失敗から学ぶ(Learn from our mistakes)人⇒挑戦、努力家タイプ
頭の中から流すように意図的になくす人⇒禅寺のお坊さんタイプ
ストレス解消のアクションをおこす人⇒スポーツ系レスラー?タイプ
無かったものと諦める(abandon)人⇒武士は食わねど高楊枝タイプ
器用に(cleverly)使い分けれる七変化できる方が羨ましい(jealousy)。
 
後悔は過去に対して、迷いは先への不安
後悔が多く処理できていない人は、迷いを助長しています。
迷いは自分にとっては大切で成長させる薬と考えると世界が変わります。
但し、周りに不安を与えることは控えめに。
鈍感(Insensitivity)なぐらい迷わない。

 

 

≪お知らせ≫
スカイプを使ってのオンライン英会話 1レッスン113円~
自宅で好きな時間に(朝9時~25時まで)学習できます。
英会話を習得するには、ウェブカメラを使ってのライブ対応で
ジェスチャーをまじえて色々な講師との会話を通じて、
『間(マ)』を学び、口を使ってアウトプットすることが大切です。
(講師の口の動きをみることがポイントです)
英語を学ぶのでなく英語で学ぶ。英会話はコミュニケーション
のチカラをつける必要があり、学ぶこともできます。
             進学心 スカイプ を使った オンライン英会話 

 

 



最初の選択の運

 

最初が大切(valuable)であり、最初の出合い、最初の処理の
仕方(way)で方向(direction)が大きく変わります。
最初の記憶(first impression)が、基準となり将来(future)に
何かしら影響(influence)を与えます。
first impression(最初の印象)が強く残る人と忘れやすい人
とに分かれますが、どちらにおいても最初の出会いは、『運』
(fortune)が占める割合が多いのも事実です。
バイオリズム(biorhythm)が最高潮(climax)の時に、同種類の
情報がほぼ同時に入り、迷わず選択できることが、強運を得る
最初の条件です。
迷う(lose)ということは、ふらふらし集中できないことを意味し、
時間を無駄にし、スタートでつまずき遅れをとるということです。
最近TVでよく見かけるティーンエイジャー(teenager)は強運を
最速の結果(result)で得た形だと思います。

 



今回、ブログの良い点を生かし、ランダム(random)に思いつくまま
意見を述べる場所を作りました。
情報に振り回されて結果、よくない選択をされる保護者の方、親の
迷いを敏感に受け止め、同様に迷い、また、それをできない理由に
あげる児童。第三者からみておかしいことが堂々とまかり通る。
立場上、教育に関して色々な場面に出合い悩みそして解決をして
きました。
本当の病気なら予防のため人間ドック(dock)で膨大な検査結果
から客観的な判断ができますが、教育の場合、判断基準が曖昧
基準がない)なため、判断を一つに絞りきれない、迷い続ける
状況が長期にわたって続きます。その時、初心に戻り、原理原則
が一番大切であり、カウンセリングという手法で道を見出すことの
重要性を体感しています。
オンライン英会話のHPでのブログですので、対象者が限られる
のは承知の上で、英語教育についても触れながら進めていきます。
何事も最初が大切であり、最初の出合い、最初の処理の仕方で
方向が大きく変わります。人というものは、最初に左右されるように
できている動物だからでしょうか。
 
 


マンツーマンで行う格安オンライン英会話
お友達紹介キャンペーン実施中
What'sNew
お知らせ
RSS お知らせの一覧
カテゴリ
英語で話そう
お問い合わせ
表現が大事
安心の講師陣

厳しい選考基準で合格した講師を確保

厳しい選考基準で合格した講師を確保

ENC/GNAと提携し、高品質なオンライン英会話のレッスン提供に努めています。

お客様の声

大阪府 I.Hさん
定年退職し、知的な趣味を見つけたいと思い、パソコンと英語を学び始めました。
スカイプ英会話と検索がキッカケで、進学心の無料体験を受けてこれならやれると安心と、 なにか信頼感を持ちました。
進学心(しんがくしん)の英会話は、私のレベルにあわせて、先生がとにかく熱心に対応してくれます。
しどろもどろの英語を、気長に聞いてくださる先生方の辛抱強さにいつも感心しています。
時間が十分にあるので、3レッスン連続で受けることもあります。
今では簡単な日常会話ならストレスなくできるようになりました。

はじめての方へ
無料体験「いつか」を「今」スタートするチャンス
スカイプのダウンロード